エクセルの基本技48

点数によって色分け

点数によってセルや文字を色分けするなどの条件によって書式を変える

セルに数字を入れる際に、条件によって書式を変えるにはどうしたらいいでしょうか。

テストの結果をエクセルに入力したりするときに、あとで見やすいように40点以下は赤、41点~60点は青で色わけ表示されるようにできたら便利です。

これは、支店ごとの売上などを入力した時に、設定した売上以下だったら赤で表示されるというように応用できます。

条件付書式で解決できます。

1.点数により、数値を赤で表示

1.テストの結果を入力した際に、不合格(赤点)の点が目立つように赤で表示させる。

2.ノルマに達しない場合、セルの背景色を変える

2.支店ごとの売上でノルマ1000万に達しない場合、セルの背景をオレンジに変えて表示する。

≪操作法1≫ 下図のようなテストの成績表で40点以下を赤で表示します。

(1)条件付き書式を設定したいセル(テストの点数入力欄)を選択。
(2)メニューバーから「書式」-「条件付き書式」を選択します。
上図のように表示される条件付き書式ダイアログボックスで、
「セルの値が」「次の値より小さい」を選択します。
その右に 40 と入力。
(3)その下の「書式」ボタンを押して、好みの書式を設定します。
ここでは、フォントタブを選び、太字にして、色を赤にします。
OK を押して、完了です。

(4)(1)で書式を設定したい範囲を単独セルだけ選択した時は、この書式を全体にコピーしてください。 (「書式コピー」で)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

≪操作法2≫売上高でノルマを達成できない時に赤表示にする

応用として、支店ごとの売上でノルマ1000万に達しない場合に、赤表示になるように条件付書式を設定してみます。
(1)条件付き書式を設定したいセル(売上入力欄)を選択。
(2)メニューバーから「書式」-「条件付き書式」を選択します。
図のように表示される条件付き書式ダイアログボックスで、
「セルの値が」「次の値より小さい」を選択します。
その右に 1000 と入力。
(3)その下の「書式」ボタンを押して、好みの書式を設定します。

ここでは、パターンタブを選び色をオレンジにします。

OK を押して、完了です
(4)すると、数値を入力した際に1000に満たないセルがオレンジ色で
表示されます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク