ドーナツグラフを際立たせる

 Excelグラフ

リンクユニット


Excel グラフ 02回

ドーナツグラフの見栄えアップ

Excel2013グラフ27回でドーナツグラフを作りました。今回はそのドーナツグラフを印象的なグラフにバージョンアップします。


(サンプルファイルは、こちらから 魅せるグラフ02回サンプルデータ

ドーナツグラフの背景を変更

元のグラフはこちらです。初心者のグラフという感は否めません。
ドーナツグラフの見栄えアップグラフ1
グラフは、何のために作るかといえば、直感的なインパクトを与えるためです。グラフの背景色を変えてみましょう。グラフデザインのグラフスタイルで気に入るものがあればそれを使いましょう。
ドーナツグラフの見栄えアップグラフ2
黒のグラデーションを選択しました。このスタイルには、すでに系列に影がついていて立体的に見えます。
ドーナツグラフの見栄えアップグラフ3
目盛線(グリッド)は作業の邪魔になるので、表示からチェックをはずしておきます。
ドーナツグラフの見栄えアップグラフ4
グラフのタイトルを変更します。例ではH25となっていますが、B1セルの内容に変更します。タイトルラベルを選択して、数式バーに=を入力した後、セルを選択します。自動的にシート名!セルアドレスが入力されます。
ドーナツグラフの見栄えアップグラフ5

ドーナツグラフの基線を回転

小さい系列を目立たせるために、基線を回転させます。系列を選択してダブルクリックすると、データ系列の書式設定ダイアログがシートの右側に開きます。
基線を210度にしました。
NAMAグラフ6

ドーナツグラフの切り離し

切り離したい系列一つを選択して、要素の切り出し30%にしました。
ドーナツグラフの見栄えアップグラフ7
3つの要素を30%ずつ切り出したので、目立たせることができましたね。
ドーナツグラフの見栄えアップグラフ8

ラベルを目立たせる

データラベルを選択し、右クリックし、目立つようにフォントを設定します。
ドーナツグラフの見栄えアップグラフ9
フォントのサイズと色を設定しました。必要があれば、下線を有りにしてください。
ドーナツグラフの見栄えアップグラフ10
フォントが大きくなり、データラベルが見やすくなりました。
ドーナツグラフの見栄えアップグラフ11

データラベルの背景色を変える

データラベルの一つを選択しグラフツールの書式タブから図形のスタイルをクリックしてスタイルを要素の色に合わせてやります。
もし色がない時は、図形の塗りつぶしや図形の枠線で設定します。

NAMAグラフ12
ドーナツグラフの見栄えをよくして目立たせることができました。
最初と比べると、手をかけた分、とても印象的なグラフに仕上がりました。
NAMAグラフ12
おすすめコンテンツ