エクセルの裏技 Excelファイルの検索置換

同じような名前のファイルがたくさんあったり、ファイル名がわからなかったり、中身がよく分からない時などには、対象のファイルを探すのが大変です。

そんな時、フリーソフトを使ってファイルを探すと簡単に見つかることが有ります。

検索対象にしたい複数のExcelファイルを指定して、その中の特定の文字列を一括で検索し、置換もできます。

【ソフト名】ExcelSniper
【著作権者】NekketuLabs  氏
【対応OS】Windows 7/Vista/X
【ソフト種別】フリーソフト
【作者サイト】http://www.nekketukan.com/labs/
【ダウンロード】 ダウンロード

複数のExcelファイルを一括で検索・置換する

ソフトを起動し、検索したい文字列を入力します。
その下にある欄で、対象フォルダを選択します。
ExcelSniperの使い方1
今回は、氏名という文字列が入力されているExcelファイルを探すので検索ペインを利用していますが、置換機能を利用したいときは、置換ペインを表示してください。
ExcelSniperの使い方2
対象シート名が分かる時は、入力しますが、今回は未入力で探します。
ExcelSniperの使い方3
検索ボタンを押すだけです。
対象行と対象列範囲を大雑把に指定してやると、非常に早く検索が終了します。対象ファイルが多い時は指定した方がいいです。
ExcelSniperの使い方4
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ