重複を確認しながら転記処理

VBAでデータの転記処理をするPart2
重複を確認しながら転記処理

リンクユニット


動画でExcelマクロ解説

VBAでデータの転記処理2

動画版「マクロ講座」です。
33回は前回に引き続き VBA でデータの転記処理をしますが、転記する前に名前を データベースで検索してから、同じ名前が既に入力されているかどうかを調べます。 重複しないようにするためです。 すでに入力されている時は入力されていることを知らせて入力されていない時にデータを 転記するようにします。 ファインドメソッドで、データベースに同じ名前があるかどうかを調べて、If then Elseステートメントで処理を分けます。
また32回のコードをすっきりと分かりやすくするために for Next ステートメントで 記述し直します。

Excel2019VBAでデータの転記処理2

音声解説付です。
不要な場合はミュート(消音)にして日本語字幕を表示してください。