Excelマクロ講座

マクロ実行ボタン

マクロボタンをExcelシート上に作る方法とカスタマイズ方法を紹介します。少しの手間で見違えるボタンを作りましょう。

クールに見えるコメント枠

コメントは便利で役立つ機能ですが、いつもワンパターンになりがちです。コメントの色を変えたり、影をつけたりしておしゃれに見えるようにマクロで設定します。

A1形式とR1C1形式切替

A 1形式から R 1 C 1形式へ切り替える 操作をボタン一つで簡単にやってしまおう。

シートタブを好きな色に

シートのタブカラーを色々な色で楽しみたいと思っていても、後から色を変更するのは、ちょっとめんどうなので、最初から色付きのタブにしてみようかと思います。

セル範囲の文字列を結合する

セルの文字列をつなげる時、CONCATENATE(コンカテネイト)関数を使うことが多いですが、単純だけれどつなげるセル数が多い時などはユーザー定義関数で片づけましょう。

リンクユニット


マクロ講座 Excel VBAで作業の自動化

やさしいExcelマクロ講座 ExcelVBA

Excelマクロは、日常業務を3倍から10倍早く正確に行うための道具です。Excelで3工程の操作をマクロにすれば、3倍速くなり、10工程の操作をマクロにすれば、10倍以上早くなり、ミスも減ります。というのも、毎日のパソコン業務には、同じ手順の繰り返しが多いからです。
そして、単純な繰り返し作業の中にこそ、ミスも起こり得るものです。
ならば、それを「マクロ」で記録し、ボタン一つでできるようにしませんか。
マクロという言葉は、本来「大きい」「巨大な」といった意味を持っています。 Excelで使うマクロとは、関数やそれらを使った数式などを小さな部品と考えれば、 それらに伴う一連の操作の手順を記録した全体は、大きなものと言えます。つまりExcelマクロは、Excelのプログラムと考えていいでしょう。 Excelのワークシート上で実行できる操作のほとんどは、そのままマクロとして記録することができます。
Excelマクロって難しそうと思われる方は入門編の最初から、ある程度経験のある方は、必要なマクロだけ利用するのが良いでしょう。

便利なExcelにマクロを取り入れて、速さと正確さをよりアップさせましょう。
講義で使用したサンプルファイルはダウンロードできます。すぐに利用したい場合は、テキスト部分をコピーして利用してください。利用方法へ

新着Excelマクロ

新着マクロでは、最新の記事からユーザーフォームを利用したマクロについて紹介しています。

Excelマクロ講座 入門編

エクセル・Excelマクロ講座では、日本一やさしくわかりやすいマクロの解説を目指しています。 Excelの操作を自動化するために、マクロは何かから始まり、最初はマクロの記録から徐々に自分でコードを書いていけるように進行しています。
Excelバージョン:20192016201320102007


Excelのスキルアップ
Excel技
グラフテクニック
日本一やさしいマクロ講座