セルの結合を解除するマクロを作る

リンクユニット


マクロ 7_2回

マクロ講座7回 セルの結合を解除するマクロを作る

マクロの記録からいらない部分を削る
前頁で、セルの結合を解除するマクロが記録されました。

では、さっそく使ってみましょう。

もういちど、A1セルとA2セルを結合させてから、マクロの実行ボタンをクリックします。

結合が解除されますね。

(サンプルファイルは、こちらから マクロ講座7回サンプルデータ

マクロの記録から、いらない部分を削る 

(1) それでは、マクロの中身を表示させてください。
 今日は、VBEを表示させるショートカットキーをつかいましょう。
Alt + F11
Visual Basicボタンでもかまいません。
(2)中身は、こんな具合です。
セルの結合を解除した後に、中央揃えにしたので長くなっています。
(3)いやあ、長いマクロになってますね。
 セルの「配置」タブに記載されていたことが全部書かれているわけです。
 でも、セルの結合解除に必要なのは、
Selection.UnMerge
.MergeCells = False
 だけですから、他は、すべて削除してしまいます。
でもどちらも同じ意味なので、どちらか一方でOK.
(4) すると、 こんなにシンプルになりました。
Sub セルの結合を解除して中央揃え()
    With Selection
        .HorizontalAlignment = xlCenter
        .MergeCells = False
    End With
End Sub
    
(5)結合を解除だけなら
Sub セルの結合を解除のみ()
    Selection.UnMerge
End Sub
    
(6)結合したい時は
Sub セルの結合だけ()
    Selection.Merge
End Sub
    
mergeは、合併するとか、併合するという意味です。
 
今日は、ここまでです。 お疲れ様でした。
おすすめコンテンツ