データベース関数一覧 エクセル関数

Excelにおけるデータベースとは、セル範囲の行をレコード、列をフィールドとみなし、セル範囲全体をリストとしたものをいいます。
先頭の行は、各列のラベルになります。
データベース関数は基本的に同じ書式です。
関数の先頭には「D」がつく形です。
Dは「Database」を表し、Dの後ろにSUM(合計)、AVERAGE(平均)、COUNT(個数)、などがつくことによって関数名から集計内容が理解できます。

1. DAVERAGE 関数

リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの平均値を返します。
書式€€ =DAVERAGE(データベース, フィールド, 検索条件)

DAVERAGE関数の使用例

2. DCOUNT 関数

リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの中で数値が入力されているセルの個数を返します。
書式€€ =DCOUNT(データベース, フィールド, 検索条件)

DCOUNT関数の使用例

3. DCOUNTA 関数

リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの中の空白でないセルの個数を返します。
書式€€ =DCOUNTA(データベース, フィールド, 検索条件)

DCOUNTA関数の使い方と用例

4. DGET 関数

リストまたはデータベースの列から、指定された条件を満たす 1 つの値を抽出します。
書式€€ =DGET(データベース, フィールド, 検索条件)

DGET関数の使用例

5. DMAX 関数

リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの最大値を返します。
書式€€ =DMAX(データベース, フィールド, 検索条件)

DMAX 関数の使用例

6.DMIN 関数

リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの最小値を返します。
書式€€ =DMIN(データベース, フィールド, 検索条件)

DMIN関数の使用例

7. DPRODUCT 関数

リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの特定のフィールド値を積算します。
書式€€ =DPRODUCT(データベース, フィールド, 検索条件)

DPRODUCT関数の使用例

8. DSTDEV 関数

リストまたはデータベースの列を検索し、指定された条件を満たすレコードを母集団の標本と見なして、母集団に対する標準偏差を返します。
書式€€ =DSTDEV(データベース, フィールド, 検索条件)

DSTDEV関数の使用例

9. DSTDEVP 関数

リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードを母集団全体と見なして、母集団の標準偏差を返します。
書式€€ =DSTDEVP(データベース, フィールド, 検索条件)

DSTDEVP関数の使用例

10. DSUM 関数

リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの合計を返します。
書式€€ =DSUM(データベース, フィールド, 検索条件)

DSUM関数の使用例

11. DVAR 関数

リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードを母集団の標本と見なして、母集団に対する分散を返します。
書式€€ =DVAR(データベース, フィールド, 検索条件)

DVAR関数の使用例

12. DVARP 関数

リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードを母集団全体と見なして、母集団の分散を返します。
書式€€ =DVARP(データベース, フィールド, 検索条件)

DVARP関数の使用例
スポンサーリンク
スポンサーリンク