メール送信 2013Excel関数技BEST 68回

HYPERLINK関数でエクセルから直接メールを送信

会社で使うメールアドレスが社員全員に配布されたので、メールアドレス一覧表を作成することになりました。
ただしそのままでは、メールアドレスをコピーして、メールソフトを立ち上げなければならず、あまり便利ではありません。 そこで、どうせならメールアドレスにハイパーリンクを設定してアドレスをクリックするとメールソフトが起動するようにしましょう。 設定は数が多いと大変ですね。HYPERLINK関数を使いましょう。 前回とはちょっと違います。

(サンプルファイルは、こちらから 2013関数技068回サンプルデータ

メールアドレスを作成してハイパーリンク

メールアドレスは、アカウントの部分とドメインの部分に分かれるので、
ドメインの部分をD1セルに文字列として記入してあります。
HYPERLINK関数でメール送信
メールアドレスは、アカウントの部分C3とドメインD1をつなぐだけです。 そこで、メールアドレスにこのようにハイパーリンクをつけましょう。
D3セルに次のように式を入れます。
=HYPERLINK("mailto:"&C3&D1,C3&D1)

のように、"mailto:" をつけてるのは、クリックでメールソフトが開くようにするためです。&で引数とつなぎます。
メールアドレスをクリックすると、そのメールアドレス宛てでメールソフトが開きます。
式をコピーする前に、ドメインのセルを絶対参照にしておきます。
HYPERLINK関数でメール送信2
オートフィルで式をコピーして、ハイパーリンク付きのメールアドレス完成です。

HYPERLINK関数でメール送信3
次回は、件名と本文を作成して送信するという方法を考えましょう。
スポンサーリンク
スポンサーリンク