エクセル関数技 日付と時間の関数一覧

Excelでは、日付はシリアル値という数値で管理されています。日付を扱う関数を利用するときには、このシリアル値を理解して、適切な日付の表示形式に変換する必要があります。日付と時間の関数をマスターすれば、複雑な日付と時間の計算も楽々こなせるようになります。
Excelでは、現在の日時を求める関数として、TODAY関数NOW関数が用意されています。
数値や文字列から日時を作成する関数として、DATE関数, DATEVALUE関数TIME関数TIMEVALUE関数が用意されています。
日時から特定の要素を取り出すための関数には、YEAR関数MONTH関数DAY関数DAYS関数HOUR関数MINUTE関数SECOND関数WEEKDAY関数WEEKNUM関数ISOWEEKNUM関数があります。
日付を計算する関数には、DATEDIF関数EDATE関数EOMONTH関数WORKDAY関数WORKDAY.INTL関数NETWORKDAYS関数NETWORKDAYS.INTL関数DAYS関数YEARFRAC関数があります。 日付のユーザー定義で利用する書式記号については、日付の書式記号を使いこなす,日付の書式設定一覧で紹介しています。

日付とシリアル値の関係

Excelでは、日付や時刻をシリアル値という数値で管理しています。日付データと時刻データを自在に操るために、シリアル値の徹底的に理解しましょう。

日付の加算や減算

日付に年数を足したり引いたり、月数や日数を加算したり減算したりする方法を紹介します。

書式付き時刻

TEXT関数とTIME関数の合わせ技、書式付き時刻をつかうと、時刻をスマートに表示することができます。

1.DATE関数 | Excel2013,2010,2007,2003~対応

日付を作成するための、指定された日付に対応するシリアル値を返します。
引数に、年、 月、 日の数値を指定して、日付データを作成します。
書式€€ =DATE(年,月,日)

DATE 関数の使用例

2.DATEVALUE関数 | Excel2013,2010,2007,2003~対応

日付を表す文字列をExcel で日付として認識できるシリアル値に変換します。
書式 =DATEVALUE(日付文字列)

DATEVALUE関数の使用例

3.DAY関数 | Excel2013,2010,2007,2003~対応

シリアル値を日付の日に変換します。
書式 =DAY(シリアル値)

DAY関数の使用例

4.DAYS関数 Excel2013で追加

DAYS関数は、Excel2013に新たに追加された関数で、2つの日付間の日数を返します。
書式 =DAYS(終了日, 開始日)

DAYS関数の使用例

5.DAYS360関数 | Excel2013,2010,2007,2003~対応

1 年を 360 日 (30 日 x 12) として、支払いの計算などに使用される 2 つの日付の間の日数を返します。
書式 =DAYS360(開始日,終了日,[方式])

DAYS360関数の使用例

6.EDATE関数 | Excel2013,2010,2007,2003~対応

開始日から起算して、指定した月数だけ前または後の日付に対応するシリアル値を返します。Exccel2003でEDATE関数を使うには、アドインの一覧からチェックを入れます。
書式€€ =EDATE(開始日, 月)

EDATE関数の使用例

7.EOMONTH関数

開始日から起算して、指定した月数だけ前または後の月の最終日に対応するシリアル値を返します。
書式€€ =EOMONTH(開始日, 月)

EOMONTH関数の使用例

8.HOUR関数

シリアル値を時刻に変換します。
書式 =HOUR(シリアル値)

HOUR関数の使用例

9.ISOWEEKNUM関数 Excel2013で追加

指定された日付のその年における ISO 週番号を返します。
書式 =ISOWEEKNUM(日付)

ISOWEEKNUM関数の使用例

10.MINUTE関数

シリアル値を時刻の分に変換します。
書式€€ =MINUTE(シリアル値)

MINUTE関数の使用例

11.MONTH関数

シリアル値を月に変換します。
書式 =MONTH(シリアル値)

MONTH関数の使用例

12.NETWORKDAYS関数

開始日と終了日を指定して、その期間内の稼動日の日数を返します。
書式 =NETWORKDAYS(開始日, 終了日, [祭日])

NETWORKDAYS 関数の使用例

13.NETWORKDAYS.INTL関数 Excel2010で追加

週末がどの曜日で何日間あるかを示すパラメーターを使用して、開始日と終了日の間にある稼働日の日数を返します。
書式 NETWORKDAYS.INTL(開始日, 終了日, [週末], [休日])

NETWORKDAYS.INTL関数の使用例

14.NOW関数

現在の日付と時刻に対応するシリアル値を返します。
書式€€ =NOW()

NOW関数の使用例

15.SECOND関数

シリアル値を時刻の秒に変換します。
書式 =SECOND(<シリアル値>)€€

SECOND関数の使用例

16.TIME関数

指定した時刻に対応するシリアル値を返します。

書式 =TIME(時, 分, 秒)€€

TIME関数の使用例

17.TIMEVALUE関数

時刻を表す文字列をシリアル値に変換します。
書式€€ =TIMEVALUE(時刻文字列)

TIMEVALUE関数の使用例

18.TODAY 関数

現在の日付に対応するシリアル値を返します。
書式 =TODAY()€€

TODAY 関数の使用例

19.WEEKDAY関数 Excel2010で機能追加

シリアル値を曜日に変換し、日付に対応する曜日を返します。
2010で指定できる第2引数の数が増えました。
書式€€ =WEEKDAY(シリアル値,[週の基準])

WEEKDAY 関数の使用例

20.WEEKNUM関数 Excel2010で機能追加

シリアル値をその年の何週目に当たるかを示す値に変換します。
2010で指定できる第2引数の数が増えました。
書式€€ =WEEKNUM(シリアル値,[週の基準])

WEEKNUM 関数の使用例

21.WORKDAY関数

開始日から起算して、指定した稼動日数だけ前または後の日付に対応するシリアル値を返します。
書式€€ =WORKDAY(開始日, 日数, [休日])

WORKDAY 関数の使用例

22.WORKDAY.INTL関数 Excel2010で追加

週末がどの曜日で何日間あるかを示すパラメーターを使用して、開始日から起算して指定した稼働日数だけ前または後の日付に対応するシリアル値を返します。
書式€€ =WORKDAY.INTL(開始日, 日数, [週末], [休日])€€

WORKDAY.INTL関数の使用例

23.YEAR関数

シリアル値を年に変換します。
書式 =YEAR(シリアル値)

YEAR 関数の使用例

24.YEARFRAC関数

開始日と終了日を指定して、その間の期間が 1 年間に対して占める割合を返します。
書式 =YEARFRAC(開始日, 終了日, [基準])

YEARFRAC 関数の使用例

DATEDIF関数

日付と時刻の関数と一緒に使われることが多い関数です。

DATEDIF関数の使用例
スポンサーリンク
スポンサーリンク