常に現在の時刻を入力する

NOW関数で現在の時刻を求める

現在の時刻を求めるには、NOW関数を使います。パソコンの時計を利用して現在の時刻が表示されます。
ただし、日付と一緒に表示されるため、時刻だけを表示させたい場合は、セルの表示形式で時刻に変更します。
時刻の更新を行うには、[F9]キーを押します。
あるいは、ワークシートが再計算されたとき更新されるので、シート上で何らかの操作を行うかENTERキーを押すことで更新されます。

NOW関数の書式 日付関数

書式NOW()
NOW関数の書式

NOW関数の使い方

1時間ごとに通販の注文数を本部にFAXすることになっているで、常に現在の時刻を表示した集計表が必要です。
時刻を表示したいセルを選択して、関数の挿入ボタンから日付時刻関数からNOW関数を選択するか、直接セルに=NOW()と入力します。
NOW関数の使い方1
書式 =NOW()
例では、書式設定で時刻の表示形式を設定しています。
NOW関数の使い方2

NOW関数の基本的な使い方

NOW関数は、そのまま使うと、日付と時刻が表示されます。
NOW関数の使い方3
時刻だけを表示したいときは、セルの書式設定から、分類で時刻を選びます。
種類で希望の書式を選択してOKをクリックします。
NOW関数の使い方4
もっと知りたい!NOW関数の使用例
スポンサーリンク
スポンサーリンク