YEARFRAC関数

YEARFRAC関数は、2つの日付(開始日、終了日)の間の期間が、1 年間に対して占める割合を求める関数です。
2つの日付は同じ年にあり、引数の基準は、省略または0を指定すると、30 日/360 日 (NASD 方式)となります。

YEARFRAC関数の書式 日付関数

書式YEARFRAC(開始日, 終了日, [基準])
YEARFRAC関数の書式

YEARFRAC関数の使い方

とある邸宅の新築工事の工期が占める年間の割合を出します。
基準は、1で実際の日数/実際の日数としています。開始日と終了日には、それぞれの日付が入力されているセルを指定しています。
YEARFRAC関数の使い方1
=YEARFRAC(B2,B3,1)
YEARFRAC関数を使って、工事期間が年間に占める割合は38.9%と計算されました。
YEARFRAC関数の使い方2

YEARFRAC関数とROUND関数

今度は、年会費で払うスポーツジムを途中で退会した場合に、いくら返金されるかという計算をしてみます。
はじめに利用期間を算出しましょう。=YEARFRAC(B4,C4,1)
YEARFRAC関数の使い方3
約2割の利用だったことがわかりました。この式をROUND関数にネストします。
ROUND(数値,桁数)の引数に=YEARFRAC(B4,C4,1)と年間使用料をかけたものを指定し、桁数を-2とします。
YEARFRAC関数の使い方4
途中退会の場合は、日割り計算で返金しますという規約があればですが、YEARFRAC関数で返金の金額が正確にわかります。
YEARFRAC関数の使い方5
スポンサーリンク
スポンサーリンク