YEAR関数

指定した日付から年月日を個別に取り出したい時に、年を取り出す関数がYEAR関数です。

YEAR関数の書式 日付関数

書式YEAR (シリアル値)
YEAR関数の書式 シリアル値には、日付情報を取り出す日付データを指定します。

YEAR関数の使い方

会員名簿などで、入会年だけを表示したい場合に、YEAR関数を使います。
日付情報を取り出すセルB4を引数に指定します。
=YEAR(B4)
YEAR関数の使い方1
指定した日付のB4セルから年の情報を取り出すことができました。
あとは、オートフィルで下まで数式をコピーして完成です。
YEAR関数の使い方2

日付から年月日を取り出す

このように、日付から年を取り出すのは、YEAR関数ですが、さらに、月・日を個別に取り出したい時には、それぞれMonth関数、Day関数を使用します。
月を取り出したいD4セルにMONTH関数の式を入力します。
=MONTH(B4)
日付から年月日を取り出す1
日付を取り出したいセルにE4セルにDAY関数の式を入力します。=DAY(B4)
日付から年月日を取り出す2
以上で日付から年月日を別々に取り出すことができました。 YEAR関数の使い方3
もっと知りたい!YEAR 関数の使用例
スポンサーリンク
スポンサーリンク