MINUTE関数は「分」だけ

MINUTE関数は、シリアル値を時刻の分に変換します。時刻が入力されているセルから、シリアル値を読んで、分の部分を数値で表示します。

MINUTE関数の書式 日付関数

書式MINUTE(シリアル値)
MINUTE関数の書式

MINUTE関数の使い方

MINUTE 関数を使用すると、時刻データから「分」の数値を取り出せます。
下図のように、時刻が入力されているセルには、シリアル値として、何時何分何秒という情報が入っていますが、MINUTE関数は、そこから分のデータを数値で取り出します。JL771便の出発時刻から時、分、秒を取り出しています。
MINUTE関数の使い方1
書式 =MINUTE(シリアル値) なので、
D4セルには、=MINUTE(B4) という式が入力されています。

MINUTE関数の基本的な使い方

では、他の例で見てみましょう。
スポーツの記録では、分、秒が重要視されます。
所要時間から分を取り出すには、引数に時間データが入力されているセルを指定します。
E3セルには、=MINUTE(C3) と入力します。
MINUTE関数の使い方2
ハーフマラソンの所要時間から分を取り出すことができました。
同様にし、=HOUR(C3)で時を、=SECOND(C3)で秒を取り出すことができます。
MINUTE関数の使い方3
もっと知りたい!MONTH関数の使用例
スポンサーリンク
スポンサーリンク