WEEKDAY関数

Excelで日付に対応する曜日を判断する関数がWEEKDAY関数です。
WEEKDAY関数は日付のシリアル値から対応する数値が戻されるのすが、その数値は引数の種類で指定します。 WEEKDAY関数で曜日を判断してIF関数で表示を変更するなどというケースでは、使いやすい種類を選ぶ必要があります。

WEEKDAY関数の書式 日付関数

書式NAME
WEEKDAY関数の書式
書式 =WEEKDAY(シリアル値,種類)

シリアル値…エクセルで日付や時間の計算に使用されるコードです。
日付が入力されているセルを指定します。

種類…戻り値の種類を表す
1(日曜=1~土曜日=7)、
2(月曜=1~日曜=7)、
3(月曜=0~日曜=6)のいずれかの数字を指定します。

WEEKDAY関数の使い方

引数の種類を省略すると、1とみなされます。曜日を表示したいだけなら、種類の引数の何番での良いので、省略してもかまいませんね。
WEEKDAY関数の使い方1

WEEKDAY関数で曜日によって表示文字を変える

IF関数とWEEKDAY関数で、土日なら、休みと表示するには、種類2にした方が、簡単です。土曜は6、日曜は7なので、
=IF(WEEKDAY(A3,2)>=6,"休み","")
という式を入れて、予定に休みと表示しました。
WEEKDAY関数の使い方2
さらに、金曜日ならサークルと表示させるには、偽の場合に、IF関数を追加します。
式は、
=IF(WEEKDAY(A3,2)>=6,"休み",IF(WEEKDAY(A3,2)=5,"サークル",""))
WEEKDAY関数の使い方3
WEEKDAY 関数って便利ですね。
もっと知りたい!WEEKDAY 関数の使用例
スポンサーリンク
スポンサーリンク