複数の条件に合うデータの最小値を求める DMIN関数

DMIN関数 データベース関数

DMIN関数は、複数の条件に合うデータの最小値を求める時に使う関数です。
Excelバージョン:ALL20132010200720032002 2000

DMIN関数 条件を設定したデータの最小値

リストまたはデータベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの最小値を返します。

DMIN関数の書式 データベース関数

書式DMIN(データベース, フィールド, 検索条件)

DMIN関数の書式

DMIN関数の使い方

kokodane塾の模擬テスト結果で、Aクラスで、男子という複数の条件で、データから最小値を出します。
DMIN関数は、条件指定欄を用意し、データと同じ項目が必ず必要です。
AND条件で抽出したいので、条件を横に並べます。Aクラスで、男子という条件にします。
DMIN関数の使い方
最小値を抽出したセルF1にDMIN関数の式を入力します
引数のデータベースは、データベース範囲を指定し、 フィールドは、最小値を求める項目である合計の項目G6または、"合計"と項目名を入力します。
条件には、範囲A3:G4を指定します。 =DMIN(データベース, フィールド, 検索条件)

=DMIN(A6:G19,G6,A3:G4)

=DMIN(A6:G19,"合計",A3:G4)

DMIN関数の使い方2
DMIN関数で、Aクラスで、男子という複数の条件で、データから最小値を抽出したところ、164という数値が表示されました。
DMIN関数の使い方3
スポンサーリンク
スポンサーリンク