DCOUNTA 関数|複数の条件を満たすデータの件数を数える 

空白以外のデータを数えるDCOUNTA関数-複数条件

複数の条件を満たすデータの件数を数えることは、よくあります。DCOUNTA関数は、空白セル以外のあらゆるデータをカウントします。一方、データベース関数の仲間であるDCOUNT 関数は、数値データだけをカウントするので、目的によって使い分けることができます。 引数は、どちらも同じです。
(サンプルファイルは、こちらから 関数技13回サンプルデータ

複数条件で空白以外のデータを数える DCOUNTA 関数

特定の複数条件たとえば、「希望は30歳以上の男性です。」のように、
名簿から、男性だけ、30歳以上は何人などというように、複数条件に合うデータを数えるにはどうしたらいいでしょう。
何千、何万もデータがあるような大きな表では、特定の条件のデータがいくつあるかを数えるのは大変です。
複数条件に合うデータを数える1
この場合は、DCOUNTA(ディーカウントエー) 関数を使います。
DCOUNTA 関数は、
データベースの指定された列を検索し、条件を満たすレコードの中の
空白でないセルの個数を返します。
DCOUNTA 関数

同様の関数に、DCOUNT関数がありますが、
DCOUNT関数は、数値データの個数を数えるものです。
一方、
DCOUNTA関数は、空白以外の数値や文字列などすべてのデータの個数を数えることができます。

DCOUNTA書式
    =DCOUNTA(データベース, フィールド, 検索条件)
    
□■ ポイント ■□

(1)DCOUNTA関数の集計条件は表形式で設定します。
(2)DCOUNTA関数を使うには表の形に注意してください。

複数条件、30歳以上で、男性だけをカウントする 

【問題】
下記の表で、30歳以上の男性の会員数を何人かカウントしなさい。
また、30歳以上の男性の会員と25歳未満の女性の会員数は何人かカウントしなさい。 複数条件で空白以外集計
≪考え方≫
(1)検索条件をE2:F3セルに入力します。
複数条件で空白以外集計2
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(2)式を入力します。
「男」and「>=30」ですので、同一行に書きます。 DCOUNTA関数は『空白でないセルの個数』をカウントします。
集計項目(フィールド)にはB2,C2,D2のどれを使ってもOKです。
どの列のセルを数えてもOKということです。
DCOUNTA関数複数条件に合うデータを数える
=DCOUNTA(B2:D40,C2,E2:F3)
または
=DCOUNTA(B2:D40,"性別",E2:F3)
 など
式を入力すると、結果はこのようになります。30歳以上の男性の会員数は7人です。
複数条件に合うデータを数える4
カウントに、女性で25歳以下も加える場合は、条件を下の行に追加します。
複数条件に合うデータを数える5

DCOUNT関数は、数値が入力されているセルの個数を数える

同様の関数に、DCOUNT関数がありますが、DCOUNT関数の方は、数値が入力されているセルの個数を数えるものです。
DCOUNT関数書式 DCOUNT関数
DCOUNT関数を使った式は、
 =DCOUNT(B2:D40,D2,G2:H3)
DCOUNT関数は数値が入力されているセルの個数を返すので、フィールド(集計項目)は、D2を指定しています。どちらも、答えは同じになります。

今日のカンタン!Excel塾の講義は以上です。お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク