数値のみを数える COUNT関数エクセルの関数技

COUNT関数で入金済み、未入金の件数をかぞえるには

データの数を数えるCOUNT系の関数の代表格がこのCOUNT関数(統計関数)。
COUNT関数は、数値が入力されているすべてのセルの数を数えます。
COUNTA関数は、文字や数値、式などデータが入力されているすべてのセルの数を数えます。
COUNT関数は、Excel 2002,2003,2007,2010,2013 共通です。
(サンプルファイルは、こちらから 関数技8回サンプルデータ

COUNT系の関数~COUNT関数、COUNTA関数

売り掛け表などで、入金済み、未入金の件数をかぞえるにはどのようにすればいいのでしょうか?

そもそも、対象が何軒あるのかを数えなければなりません。
データを数えるのは手間がかかるし、なによりも間違えやすい。
そこでCOUNT関数をつかって、件数を数えると便利なのですが、さらにデータの形式にあわせて、より柔軟に数を数えるために、COUNT関数の仲間、COUNT系の関数もいっしょに覚えましょう。

COUNT(カウント)関数 とは範囲の中で、数値データが入力されているセルの個数を数えてくれます。書式 =COUNT(セル範囲)
COUNTA(カウントエー)関数とは範囲の中で、文字や数値、式など、データが入力されているセルの個数を数えてくれます。書式 =COUNTA(セル範囲)
COUNTIF(カウントイフ)関数とは範囲の条件にあったデータを数えてくれます。書式COUNTIF(範囲,"検索条件")
COUNTIFS (カウントイフエフ)関数 とは複数の範囲のセルに条件を適用し、すべての条件に一致した回数を返します。書式COUNTIFS(条件範囲 1, 検索条件 1, [条件範囲 2, 検索条件2]…)

入金済みの件数(数値データの数)をかぞえるには

数値データが入力されているセルの個数を数えるにはCOUNT関数を使います。 はじめに、以下の表で入金済みの件数を数えます。
B13セルの「入金済みの件数」は、表の「金額」欄で金額(=数値)が入力されたセルの個数を数えます。
COUNT関数

この場合は、COUNT関数を使いえば良いですね。
引数の「セル範囲」には、B3~B10セルを指定します。
式は、=COUNT(B3:B10)
COUNT関数2
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ