空白以外のセルならなんでも数えるCOUNTA 関数

COUNTA関数で未入金の件数を数える方法は

セル(データ)の数を数えるCOUNT系の関数には、空白以外、つまりデータならなんでもカウントする関数があります。それはCOUNTA関数。
COUNTA関数は、数値以外の文字や式(式が入力されている)なども含めて、カウントします。
COUNT関数は、Excel 2002,2003,2007,2010,2013 共通です。
(サンプルファイルは、こちらから 関数技8回サンプルデータ

COUNTA関数で全データの件数をカウント

B14セルの「未入金の件数」を算出するには、
まずデータなら何でも数えるCOUNTA関数でB3~B11セルの「全データの件数」を求め、そこから、
すでにB14セルに集計された「入金済みの件数」を引 けばよいのです。
式は
=COUNTA(B4:B11)-B13
空白以外をカウントCOUNTA関数3
結果は、以下のようになります。これなら、入金未入金の件数が一目瞭然ですね。
COUNT関数4
つづいて、2.COUNTIF関数について紹介~「条件による検索:レポート未提出は何人?」を紹介します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ