データを追加するたびに数式を変更するのはめんどうだ

データを追加しても自動で集計したい

同じ列にデータを次々と追加していく場合、データを追加するたびに数式を変更するのはめんどうです。
またデータに増減があり、時にはデータが減るということもあるかもしれません。 ここでは、SUM関数でデータを追加しても自動的に集計する方法を紹介します。
Excelバージョン:ALL201320102007200320022000
(サンプルファイルは、こちらから 関数技1回サンプルデータ

セルを追加しても自動的に合計する

下図の例で合計をD1セルに出すことにします。

SUM関数データを自動で合計
(1)D1セルを選択し、オートSUMボタンをクリックして、
SUM関数データを自動で合計2
(2)自動的にSUM関数が入力されたら、集計したい数値データが入力されている列の列番号をクリックします。
SUM関数データを自動で合計3
(3)SUM関数の引数に列が指定されました。 列見出しなどが入力されていても、文字列データは無視されますからエラーの心配はありません。
SUM関数データを自動で合計4
(4)オートSUMボタンをクリックして数式を確定します。 D1セルに合計値が出ます。=SUM(B:B)
では、最下行にデータを追加しましょう。
SUM関数データを自動で合計4
データを追加して確定すると、D1セルにもデータが追加されて集計されています。
SUM関数データを自動で合計6
スポンサーリンク
スポンサーリンク