マクロ講座

マクロ講座6-2回 シートを追加するマクロ

[マクロ]ダイアログポックス]を表示させるからの続きです。

[マクロ]ダイアログポックスを表示させる 

 オルトキー + F8キー 

オルトキーを押したまま、続けてF8キーも押します。

  [マクロ]ダイア□グボックスが表示されます。
  ここで、[マクロ名]のリストから表示させたいマクロを選択し、
  [編集]をクリックします。

Sub 選択範囲をコピーし新規シートに貼り付け()
    Selection.Copy
    Sheets.Add After:=ActiveSheet
    ActiveSheet.Paste
End Sub
(2)マクロ本文の意味は、 

1行目
    Selection.Copy   選択したものをコピー
2行目 
    Sheets.Add After:=ActiveSheet  シートを追加、後ろに
31行目 
    ActiveSheet.Paste アクティブシートに貼り付ける
   
   
(3)今日は、このマクロを元に応用例を作ります。

マクロ本文の2行目だけをコピーして、テキストエディタに貼り付けて
おきましょう。

シートを追加するマクロ

そして、新規シートに以下のマクロを作ります。

(4)マクロ名を、シートを追加するマクロにしましょう。

 作成ボタンを押します。


 すると、上図のように、このように書かれています。
Sub シートを追加するマクロ()
End Sub
(5)マクロ本文の編集
 テキストエディタに貼り付けておいた、1行だけ使います。 
 
     Sheets.Add After:=ActiveSheet
     シート アッド アフター アクティブシート

 手入力でも良いのですが、貼り付けたほうが間違いがないですから。

Sub シートを追加するマクロ()
	Sheets.Add After:=ActiveSheet
End Sub
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マクロ本文を1行貼り付けました。

このままでは、シートを後ろに1枚追加するというマクロに
なってしまいます。

(6)Addという動作(メソッド)には、Afterのほかにも、
  引数があるのでしたね。

ワークシートの追加位置を指定する引数:Before
ワークシートの数を指定できる引数:Count
ワークシートの種類を指定する引数:Type
です。


(7)もう、わかりましたね。
  ワークシートの数を指定できる引数Countを使えばいいのです。
Sub シートを追加するマクロ()
	Sheets.Add Count:=3
End Sub    

 これだと3枚シートを追加するという意味になります。

(8)では、VBEを終了して、早速マクロを実行してみましょう。


マクロの実行ボタンをクリックすると、
シートが3枚追加されます。

今日は、ここまでです。
お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク