マクロ講座5回~マクロのコピー、編集

選択範囲をコピーし新規シートに貼り付けるマクロ

マクロの応用例として、生成されたコードを編集して実務に役立つ一行マクロを作成しましょう。
(サンプルファイルは、こちらから マクロ講座5回サンプルデータ

この講座では、全てを理解しなくても、習ったそばから実際に
活用できることを目指しています。
それには、生成されたコードを編集して作成すると簡単です。

マクロは元になるコードをコピーして、それにちょっと手を加えるだけで、
オリジナルのマクロを簡単に作成することができます。

選択範囲をコピーし新規シートに貼り付けるマクロ 

(7)書き換えたマクロを保存したら、早速マクロを実行して確認してみましょう。
マクロは、[マクロ]ダイアログボックスから実行できます。
今回は、マクロツールバーの左端のボタンを押して、[マクロ]ダイアログボックスを表示させてみます。
[マクロ]ダイアログボックスが表示されます。
ここで、[マクロ名]のリストから実行したいマクロを選択し、
[実行]をクリックしてください。
どうですか、新規シートが、元のシートとの前に挿入されましたね。

ただ、新規シートは、元のシートの右側(後方)に追加したほうが、しっくりするという方が多いかと思います。

新規シートは、元のシートの右側(後方)に追加

(8)そこで、もう少し、書き加えて、新規シートが選択しているシートの
後方(右側)に、挿入されるようにしてみましょう。

Sheets.Add の後ろに、引数を加えます。

Sheets.Add After:=ActiveSheet


After:=ActiveSheetと動作の条件をつけました。

すると、マクロは以下のようになります。

VisualBasicEditorでは左図のようになっています。
Sub 選択範囲をコピーし新規シートに貼り付け()
   Selection.Copy
   Sheets.Add After:=ActiveSheet
   ActiveSheet.Paste
End Sub

書き換えたマクロを保存します。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

(9)書き換えたマクロを保存したら、早速マクロを実行してみましょう。
  [ツール]メニューの[マクロ]から[マクロ…]を選択します。
  マクロツールバーの左端のボタンをクリックしてもOKです。



  [マクロ]ダイア□グボックスが表示されます。


ここで、[マクロ名]のリストから表示させたいマクロ
(選択範囲をコピーし新規シートに貼り付け)を選択し、 [実行]をクリックします。

新規シートは右隣に挿入され、選択範囲がコピーさていますね。
Addという動作(メソッド)には、Afterのほかにも、条件付けとして、
あと3つの引数があります。

これについては、次回に説明します。
今日は、ここまでです。
お疲れ様。
スポンサーリンク
スポンサーリンク