ユーザーフォーム上にボタン

ユーザーフォーム上にボタンを作る Excel2016 VBA
ユーザーフォーム上にボタン

リンクユニット


Excel2016,2013 マクロ 29回

コントロールからボタンを配置する

フォームにボタンを配置するには、コントロールツールボックスに並んでいるコントロールのアイコン群の中からボタンをクリックし、配置したいフォームでドラッグします。


(サンプルファイルは、こちらから マクロ29回サンプルデータ

フォームにボタンを作成

ツールボックスからコマンドボタンアイコンをクリックします。
ユーザーフォーム上にボタン1
フォーム上で、マウスをドラッグして、大体の位置を決めたらマウスボタンを離します。
ユーザーフォーム上にボタン2

ボタンのフォントとサイズを変更する

その位置にドラッグしたサイズでボタンが作成されます。フォームに配置したボタンは選択状態担っているときにその周りでドラッグするとサイズを変更できます。
プロパティウィンドウで、Fontの入力欄からフォントの種類とサイズを変更できます。
ユーザーフォーム上にボタン3

ボタンの文字列を変更する

ボタン上に表示される名称は、プロパティウィンドウで、Captionの入力欄から変更できます。サンプルでは、デフォルトのCommandButton1から「Formを隠す」に変更しました。
ユーザーフォーム上にボタン4

ボタンの色を変更する

ボタンの背景色を変更するには、プロパティウィンドウで、BackColorの入力欄にある▼をクリックして、表示されるパレットとシステムの色から変更できます。
ユーザーフォーム上にボタン5

コマンドボタンにコードを作成

コマンドボタン上でダブルクリックするか、右クリックのコードの表示をクリックします。
ユーザーフォーム上にボタン5
すると、自動的にデフォルトのClickイベントプロシージャが入力された状態でコードが表示されます。
ユーザーフォーム上にボタン6
ここにFormを隠すHideメソッドを記入します。
Private Sub CommandButton1_Click()
UserForm1.Hide
End Sub
ユーザーフォーム上にボタン7
コードはこれだけです。次にメニューの表示タブからオブジェクトを選択してFormに戻ります。
ユーザーフォーム上にボタン8
緑色の?ボタンをクリックしてユーザーフォームの実行を行って動作を見てみましょう。
ユーザーフォーム上にボタン9
ユーザーフォームが表示されました。ボタンを押すとFormが隠れます。
ユーザーフォーム上にボタン10
補足:このブックの標準モジュールには、フォームを表示するマクロとフォームを閉じるマクロも入力されています。
ユーザーフォーム上にボタン11
おすすめコンテンツ