フォームにラベルとテキストボックスを配置

フォームにラベルとテキストボックスを配置
フォームにラベルとテキストボックスを配置

リンクユニット


Excel2016,2013 ExcelVBAマクロ 30回

ラベルコントロールとテキストボックスコントロール

ユーザーフォームを作成する際に、それが何を意味するのかをユーザーに説明するのが、ラベルコントロールの主な役割です。テキストボックスコントロールは、ユーザーから文字や数値の入力を受け付けるコントロールです。
何を入力するかは、あらかじめ表示する文字列を指定しておくことができます。また入力内容に応じた入力モードを設定することができます。
(サンプルファイルは、こちらから マクロ30回サンプルデータ

Labelコントロールを配置する

はじめにVBE(Visual Basic Editor)を起動します。開発タブのVisual Basicボタンをクリックするか、キーボードからショートカットキーで Alt  F11 
を入力します。
VBEが表示されたら、メニューから[挿入]→[ユーザーフォーム]を選択します。
フォームにラベルとテキストボックスを配置マクロ1
すると、UserForm1が作成され、いっしょにツールボックスも表示されます。
ツールボックスからラベルをクリックして、フォーム上でドラッグして範囲を決めます。
フォームにラベルとテキストボックスを配置マクロ2
マウスを離すとラベルがその時の位置とサイズで作成されます。名前はLabel1と自動で付きます。
フォームにラベルとテキストボックスを配置マクロ3

ラベルのコピー

今回はラベルを3つ作成しました。最初のラベルをコピーして作成することもできます。ただし表示されるCaptionが同じなります。
フォームにラベルとテキストボックスを配置マクロ4
Label1の表示される文字をプロパティウィンドーのCaptionから変更します。ここでは会員番号と入力しました。
フォームにラベルとテキストボックスを配置マクロ5
Label2、Label3のラベルにそれぞれ、パスワード、パスワード再入力とCaptionを変更しました。
フォームにラベルとテキストボックスを配置マクロ6

TextBoxコントロールを配置

フォーム上にテキストボックスコントロールを配置します。ツールボックスからテキストボックスをクリックして、フォーム上でドラッグしてサイズと位置を決めます。
フォームにラベルとテキストボックスを配置マクロ7
次も同様に、ツールボックスから作成しました。最初のテキストボックスをコピーしても大丈夫です。
フォームにラベルとテキストボックスを配置マクロ8
最後にコマンドボタンを配置します。
フォームにラベルとテキストボックスを配置マクロ9
コマンドボタンにフォームを閉じるコードを記入しました。
フォームにラベルとテキストボックスを配置マクロ10
おすすめコンテンツ