サイズが変わる表をコピーする

サイズが変わる表をコピー

可変の表をコピーしてSheet2に貼り付けるマクロを作成します。

リンクユニット


サイズが変わる表をコピーする マクロ講座19回-2

可変の表をコピーしてSheet2に貼り付け

では次に、可変の表をコピーしてSheet2に貼り付けるマクロを作りましょう。
可変の表をデータのある一番下まで、コピーしてSheet2に貼り付けるには、ショートカットキーを使ってマクロの記録を行います。

(サンプルファイルは、こちらから マクロ講座19回サンプルデータ

表のコピーとSheet2へのペーストを記録する

マクロの記録で、表のコピーとSheet2へのペースト(貼り付け)を実行し、記録してみます。今回の記録のポイントは、操作にショートカットキーを使うことです。
マクロの実行ボタン(赤い丸)をクリックして記録を開始します。
マクロ名は、実際に皆さんが記録する時は「表のコピー」とか中身がわかりやすい名前をつけるといいですね。
マクロの保存先は、現在作業中のブックでいいです。OKボタンをクリックすると、マクロの記録が始まります。ショートカットキーで、Ctrl + Shift + * キーと入力してアクティブセルを含む 空白セルで囲まれた使用中の範囲を選択できます。


次に ショートカットキーのCtrlCで 選択範囲をコピーします。
Sheet 2を選択し  Ctrl  V でA 1セルに 貼り付けます。
列見出しの境界部分をダブルクリックして別幅をオートフィットさせます。マクロの記録を終了します。
停止ボタンを押して、マクロの記録はこれで終わりです。

マクロの中身を見る

VBEを起動するショートカットキーから、 Alt+F11を使って Visual Basic Editorを起動しましょう。以下のコードが現れます。