マクロ講座

マクロマクロ講座16回 形式を選択して貼り付け

「形式を選択して貼り付け」をショートカットキーで行いたい。
こんなこと考えたことありませんか?
誰か知ってるんじゃないかと思って検索してみたり・・・
(サンプルファイルは、こちらから マクロ講座16回サンプルデータ

「形式を選択して貼り付け」をショートカットキーで行いたい。
こんなこと考えたことありませんか?
誰か知ってるんじゃないかと思って検索してみたり・・・

ところが、残念なことに、
一発でできるショートカットキーというのは、ないんですね。

手順を踏んでもいいいのなら、長いショートカットキーがあります。


管理人は、いつもこれなんですが↑。

マウスを持たないで済むというだけで、ショートカットキーとは、
言いがたいです。

(慣れれば、どってことないですが・・・)

で、結局どうするかっていうと、マクロボタンをつくっちゃう。

値の貼り付けボタンを作るぞ!

というわけです。
管理人は、このボタンが好きでけっこう使ってます。

値の貼り付けのマクロの記録をしてみましょう。 

以下のような売上表から、合計額の欄の金額のみを、
形式を選択して貼り付けから、値のみ貼り付けを
隣のF列にしてみましょう。
(1)初めに、コピーもとの合計欄(E2:E4)を選択して、コピーします。

(2)次に、コピー先のセル範囲(F2:F4)を選択します。
(3)ここから、マクロの記録を開始します。
赤い丸のマクロの記録ボタンを押します。
(4)マクロの名前は、練習ですから、つけなくてもいいのですが、
  「値の貼り付けマクロ」など、内容が分かる名前にしましょう。
それから、今回は、ショートカットも設定します。
 Ctrl+t
にしました。
 既存のショートカットと競合しなければ、お好きなキーでかまいません。
競合するときは、Ctrl+Shift+~~ で対処もできます。
 OKをクリックしてマクロの記録をスタートさせます。
(5)選択したコピー先のセル範囲の上で、右クリック
  次に、形式を選択してコピーをクリックします。
(6)形式を選択して貼り付けダイアログが開きますから、
値にチェックを入れて、OKをクリック。
(今回の例では、値にチェックを入れましたが、他の形式を選択ではりつけるマクロボタンを作りたい場合は、例えば書式だけ必要なケースが多々あるなら、書式の貼り付けボタンを作成してくださいね。)
(7)F2:F4に値のみ貼り付けが行われます。
(8)マクロの記録を終了します。
  ■青い四角の記録終了ボタンを押します。


できましたか?

値の貼り付け欄を消去して、マクロを実行してみましょう。

このマクロは、必ず、

(1)初めに、コピー元の合計欄(E2:E4)を選択して、
  コピーします。
 

(2)次に、コピー先のセル範囲(F2:F4)を選択します。 

(3)ユーザー設定したショートカットを実行

Ctrl+t

値の貼り付けが実行されましたね。
本日は、これにて終了です。 That's it.
スポンサーリンク
スポンサーリンク