マクロ講座

マクロ講座12回 列幅を変更するマクロ

今回は、列幅を変更するマクロの記録をしてみましょう。
(サンプルファイルは、こちらから マクロ講座12回サンプルデータ

Selection.ColumnWidth 列幅を変更するマクロ 

A列の列幅を変更します。
A列か、A列のセルを選択します
赤い丸のマクロの記録ボタンを押します。
「マクロの記録」の画面が表示されたら、

マクロの名前をつけて、OKをクリックします。
選択した列上で、右クリックし、列の幅を選択
数値を13と入力
 マク□の記録を終了します。


■青い四角の記録終了ボタンを押します。
できましたか?
それでは、マクロの中身を見てみましょう。

コードは、
Sub 列幅()
    Selection.ColumnWidth = 13
    End Sub    
Selection.ColumnWidth = 13 で

選択してあるものの列幅を13にするという意味になります。

このままでは、列幅を13にしたいときにしか使えません。

そこで、列幅は、その都度入力した数値で変更できるように、
次号でこのマクロを変更していきたいと思います。
スポンサーリンク
スポンサーリンク