配列を扱うための必須の知識、 Lbound、Ubaound、OptionBase

マクロ講座 動画編 102回
マクロ講座

リンクユニット


動画でExcel 配列を扱うための必須の知識、 Lbound、Ubaound、OptionBase

配列を扱うための必須の知識、 Lbound、Ubaound、OptionBase

動画版「マクロ講座」です。
マクロ上級者になるために、配列の知識は必須です。 今回は配列を扱う上での必須の知識について解説しています。 1.配列の括弧の中の数字は配列の要素数を表します。 インデックス番号の最大値です。通常は0から始まりますが、インデックスが0から始まることで分かりづらいという場合は、1から始めることができます。 OptionBaseステートメントを使う方法と、Toキーワード‘を使って、インデックス番号の最小値と量大値を指定する方法です。 2.配列のインデックス番号の最大値、最小値 Lbound、Ubaoundを使って、コードを簡略化 3.不明な要素の数は、数えてしまえばよい! さらに要素数が不明な配列をセル範囲から取得するコードを紹介します。 4.配列に必須のローカルウィンドーの使い方
(サンプルファイルは、こちらです。 配列を扱うための必須の知識、 Lbound、Ubaound、OptionBase、サンプル102回

マクロ動画 配列を扱うための必須の知識、 Lbound、Ubaound、OptionBase

音声解説付です。
不要な場合はミュート(消音)にして日本語字幕を表示してください。