メールに個別の添付ファイルを添付して送信、VBAでOutlook操作④

マクロ講座 動画編 99回
マクロ講座

リンクユニット


動画でExcel メールに個別の添付ファイルを添付して送信、VBAでOutlook操作④

メールに個別の添付ファイルを添付して送信、VBAでOutlook操作④

動画版「マクロ講座」です。
98回のマクロ講座では、メールに添付するための個別の PDF ファイルを、シートから作成して指定したフォルダに保存しました。 今回は、その PDF ファイルをフォルダーの中から、探して作成したメールに添付するというコードを追加したいと思います。 そのコードはすでに作成したsendmail と言うマクロに追加するわけですけれども、 本体のマクロに新たな操作を追加するというコード、なのでマクロを別に作って Call ステートメントで呼び出すことにします。 その操作の流れなんですが添付用の PDF をメールに添付するにはまずオブジェクト作る必要がありますメールに添付されるオブジェクトですね これは編集 as Outlook.attachment アタッチメントコレクションとして宣言します。
(サンプルファイルは、こちらです。 メールに個別の添付ファイルを添付して送信、VBAでOutlook操作④、サンプル99回

マクロ動画 メールに個別の添付ファイルを添付して送信、VBAでOutlook操作④

音声解説付です。
不要な場合はミュート(消音)にして日本語字幕を表示してください。