2013Excel基本操作 36回

自分が必要なボタンを追加する

リボンにないコマンドだけど、よく使うコマンドがある場合、「ボタンがあったらいいのに」って思いますね。
今回は、リボンにないコマンドのひとつ「取り消し線」をボタンとして追加する方法を紹介します。
リボンに自分が必要なボタンを追加したい方は参考にしてください。
クイックアクセスツールバーにボタンを追加するのは、
Excelバージョン:201320102007で可能です。
ユーザー設定タブにボタンを追加するのは、
Excelバージョン:20132010で可能です。

タブにボタンを追加する

Excelのオプションを開き、リボンのユーザー設定を選択します。 コマンドの選択では、リボンにないコマンドをを選び、取り消し線を探します。
ツールバーによく使うコマンドボタンを追加する1
追加する先は、ユーザー設定のタブです。本来なら、ホームタブにあるフォントグループに追加したいところですが、それはできない仕様です。
ユーザー設定のタブは、例ではMYタブと名前をつけてあります。
そこにさらに、新しいグループを作成して取り消し線を追加することにします。 ツールバーによく使うコマンドボタンを追加する2
OKをクリックしてオプションを閉じると、ユーザー設定のタブに取り消し線が追加されています。
ツールバーによく使うコマンドボタンを追加する3

クイックアクセスツールバーにボタンを追加する

次は、クイックアクセスツールバーにボタンを追加します。
Excelのオプションのクイックアクセス ツールバーを選択して、リボンにないコマンドの一覧から取り消し線を選択して、追加ボタンをクリックします。ツールバーによく使うコマンドボタンを追加する4
OKをクリックしてオプションを閉じると、クイックアクセス ツールバーに取り消し線ボタンが追加されています。
ツールバーによく使うコマンドボタンを追加する5
取り消し線を設定したいセルまたはセル範囲を選択してボタンをクリックします。
ツールバーによく使うコマンドボタンを追加する関数の使い方6
取り消し線がフォントに引かれます。取り消し線を消したい時は、もう1度ボタンをクリックすると解除されます。
ツールバーによく使うコマンドボタンを追加する関数の使い方7
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ