エクセルの基本操作 解説2 

エクセルの基本操作 
ツールバー上にデフォルトで表示されている書式設定ツール・バーにあるコマンドアイコンの説明をしています。

1-4 書式設定 ツールバー

Excel(office製品)では、標準ツールバーと書式設定ツールバーがデフォルトで表示されています。
▼「ドロップダウンリスト」をクリックしてフォントを選びます。
▼をクリックして文字サイズを選びます。
太字にします。
斜体にします。
下線をつけます。
選択したセル内で、文字を「両端揃え」「中央揃え」「右揃え」にします。
セルを結合して中央揃えにします。
通貨スタイル:あらかじめ設定指定おいた通貨
パーセント スタイル:数値を%で表示します。
桁区切りスタイル:3桁ごとにカンマ区切りを付けて表示します。
小数点表示桁上げ、小数点表示桁下げ
インデント(左端からの文字の位置)をつけたり解除したりします。
セル罫線をつけます。
セルに色を塗ります。
文字に色を塗ります。

2 ショートカットメニュー(右クリック)

セルを右クリックしたときに表示されるショートカットメニューです。
コンテキストメニューといいますが、通称右クリックメニューで通用します。


セル上で「右クリック」すると現れます。
頻繁に使うメニューはこのようにカーソルを移動せずに、
ステップを省略して作業を行うことができます。