行や列を選択 EXCEL2016

行や列を選択、様々な範囲の選択

リンクユニット


2016EXCEL関数 13回

行や列、複数範囲の選択

行や列の全体を対象に操作する場合は、あらかじめ対象となる行や列を選択します。


行全体の選択

行を一行だけ選択します。行番号12をポイントすると、マウスポインターが矢印に代わります。そこでクリックします。行番号12の行全体を選択されます。
行や列を選択関数の使い方1
複数行の選択は、1行選択できたらそのままドラッグします。
行や列を選択関数の使い方2
複数行全体が選択できました。
行や列を選択関数の使い方3

列全体の選択

まず、選択したい列番号をポイントします。マウスポインターが矢印に代わります。
行や列を選択関数の使い方4
クリックでE列が選択されます。
行や列を選択関数の使い方5
E列を選択した状態で、列番号上をドラッグすると、複数列が選択できます。
行や列を選択関数の使い方6

複数セル範囲の選択

最初のセル範囲を選択したら、Ctrlキー押しながら2つ目以降のセル範囲を選択します。
行や列を選択関数の使い方6
複数のセル範囲を選択することができました。
行や列を選択関数の使い方6
おすすめコンテンツ