オートシェイプを指定の位置に貼り付ける

Excelの3行マクロ動画解説

リンクユニット


時短激うまExcelの3行マクロ~すぐに使えるミニマクロ68回

オートシェイプを指定の位置に貼り付ける

動画版「Excelの3行マクロ」です。
今回は Excel で図形(オートシェイプ)を挿入する場合に、指定した位置にピッタリと正確に配置したいというようなことがあるかと思います。
あるいはきっちりと同じ行に横並びに配列したいとか、または列にきっちりと一列同じ図形を配置したいとか、 そういった要望もあるかと思います。
しかしながら手動で図形を配置するというのは、なかなかうまくいかなくて、まとめて揃える方法もありますから、後できちんとサイズと位置が揃うように調整してやればいいわけですけれども、その手間を省きたいということもあるので、今回は指定位置に指定サイズのオートシェープを貼り付ける方法をご紹介していきたいと思います。
使うメソッドは、AddShape メソッドです。引数は5つ、タイプと左、上、幅、高さとなります。
AddShape(Type、 Left、 Top、 Width、 Height)
(サンプルファイルは、こちらです。 オートシェイプを指定の位置に貼り付ける、時短激うまExcelの3行マクロ~すぐに使えるミニマクロ68回サンプル

オートシェイプを指定の位置に貼り付ける、時短激うまExcelの3行マクロ~すぐに使えるミニマクロ68回

音声解説付です。
不要な場合はミュート(消音)にして日本語字幕を表示してください。