Excel2010 マクロ講座 30回

ボタンにマクロを登録する

この回では、CommandButtonにマクロを登録することにします。
前回は、コマンドボタン (ActiveX コントロール)を複数作るマクロを作成しましたが、ボタンだけ先に作って後から登録したり、 あるいは、登録されているマクロを修正したりということもあるでしょう。

(サンプルファイルは、こちらから 2010マクロ講座30回サンプルデータ

コマンドボタンにマクロを登録する方法

サンプルの表(Sheet4)にはボタン1とボタン2が作成されています。
ActiveXコントロールボタンにマクロマクロ1
開発タブのコントロールにある、デザインモードをクリックし、ボタンを選択状態にします。
ActiveXコントロールボタンにマクロマクロ2
コマンドボタンの上で右クリックからコードの表示、あるいはリボンのコードの表示をクリックします。
ActiveXコントロールボタンにマクロマクロ3
VBEが起動します。CommandButton1を選択します。
ActiveXコントロールボタンにマクロマクロ4
CommandButton1に登録するマクロを記入するコードが表示されるので、中にすでにあるマクロ名か、直接コードを記入します。
Private Sub CommandButton1_Click()
End Sub

ActiveXコントロールボタンにマクロマクロ5
例では、直接マクロを記入しています。
コマンドボタンにマクロを登録マクロ6
CommandButton2にも、同様にマクロを記入しました。
コマンドボタンにマクロを登録マクロ7
エクセルシートに戻り、デザインモードを解除し、ボタンをクリックすると、登録したマクロが実行されます。
コマンドボタンにマクロを登録マクロ8
スポンサーリンク
スポンサーリンク