Excel 2013 マクロ講座14回

変数String~文字列型

いろいろな変数のタイプをコードを変更しながら、確かめていきましょう。
13回で作成したファイルを開きます。

(サンプルファイルは、こちらから 2013マクロ講座14回サンプルデータ

変数String(文字列型)を使ってみよう。

マクロ講座13回では、変数xはIntegerと宣言しました。
Dim x As Integer


コードは、時間の節約のために、再利用します。
コードをコピーして、下に貼り付け名前をprog2に変更します。

宣言を変更します。
これにより、bookという名の変数は、String型であると教えます。
Dim book As string

そしてbookの値をセットします。
値を入れるセルを決めます。
book = "Sushi and Beyond"
Range("A1").Value = book
プログラムの完成です。


Sub prog2()
  Dim book As String
  book = "Sushi and Beyond"
  Range("A1").Value = book

End Sub
    
では、カーソルをprog2に置いて、ユーザーフォームの実行から実行してみましょう。
実行されました。
今日の講義は以上です。お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク