Excel 2013 マクロ講座 22回 マクロボタンの作成

シートにマクロボタン作成し、装飾してかっこ良く見せる

今回は、マクロをボタンの作成とマクロを登録して、ボタンの名前とフォントなどを変更します。
(サンプルファイルは、こちらから 2013マクロ講座22回サンプルデータ

ボタンを作りマクロを登録

「開発」タブの「コントロール」グループにある[挿入]をクリック。

ボタンを作りマクロを登録
フォームコントロールの[ボタン]を選択します。
シート上で、ボタンの大きさを設定してやります。
ボタンを作りマクロを登録2
すると[マクロの登録]ダイアログボックスが表示されます。
登録したいマクロを選択してOKをクリック。
ボタンを作りマクロを登録3
これでボタンにマクロが登録されました。
ボタンを作りマクロを登録4
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボタンに表示する名前のフォントを変更

今度は、ボタンに表示する名前のフォントを変更します。
ボタンの上で右クリックして、メニューから、コントロールの書式設定をクリック。
ボタンを作りマクロを登録5
フォントを変更し、文字のサイズを決めます。
さらに、配置やボタンのサイズを必要に応じて変更します。
ボタンを作りマクロを登録6
OKをクリックして、再びボタンを右クリックして、今度は、テキストの編集をクリックします。
ボタンを作りマクロを登録7
ボタンの文字列が編集可能になります。
不要な文字列を消して、わかりやすい名前を入力しましょう。 ボタンを作りマクロを登録8
スポンサーリンク
スポンサーリンク