Array関数で複数シートの選択 Excel 2013マクロ講座

複数のシートを一度に選択して日付を入力 マクロ講座

Array関数を使用して、複数のシートを一度に選択して日付を入力します。

(サンプルファイルは、こちらから 2013マクロ講座39回サンプルデータ

複数のシートを一度に選択して日付を入力するマクロ

複数のシートを同時に操作するには、シート名を配列で指定します。
サンプルでは、Array関数を用いてシート名を配列として指定しています。
Array関数の構文
Array関数
サンプルのブックです。シートが4枚あり、各シートに日付欄があります。
指定したシートを選択して、日付を入力させましょう。
複数のシートを一度に選択
コードを見てみましょう。
Worksheets(Array(1, 3, 4)).Select でシートを選択しています。
Worksheets(Array("Sheet1", "Sheet3", "Sheet4")).Select と書いても同じです。
日付の入力では、Dateという関数を使います。
Sub 複数シート選択()
    Worksheets(Array(1, 3, 4)).Select
    Range("B3").Select
    ActiveCell.Value = Date
End Sub
マクロを実行しました。
複数のシートを一度に選択2

日付のフォーマットを変更

日付のフォーマットを変更したければ、日付の表記を操作するには、Format 関数を使って表示形式を指定します。
<構文>
Format("値", "書式記号")
値には、Date関数を持ってきます。

Format("Date","m""月""d""日""(aaa)")
Sub 複数シート選択3()
    Worksheets(Array(1, 3, 4)).Select
    Range("B3").Select
    ActiveCell.Value = Format(Date, _
    "m""月""d""日""(aaa)")
End Sub
複数のシートを一度に選択3

今日の講義は以上です。お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク