コマンドボタンにコードを記入する、マクロ実行ボタンのカスタマイズ

コマンドボタンにコードを記入する

実行ボタンのカスタマイズ 
コマンドボタンにコードを記入する、マクロ実行ボタンのカスタマイズ

リンクユニット


マクロ講座

コマンドボタンにプログラムを入れる

マクロ講座18回から引き続きボタンのカスタマイズをしています。
ボタンの外見ができたら、コマンドボタンにプログラムを入れましょう。


Excelバージョン:20192016201320102007

デザインモードからコードの表示

以上で、ボタンの外見ができました。
皆さんのボタンはどんな色になりましたか?
デザインモードの状態で、コードの表示をクリックします。

CommandButton1

VBE(Visual Basic Editor)が開きます。
まだコードは何も入力されていないので、CommandButton1を表示します。
すると、すでに中に何も記載のない空のプログラムが現れます。

コマンドボタンに設定するプログラムを この、Private Sub ~ End Sub  までの間に書きます。
このように、直接コードを書いてもいいのですが、先に作成しておいたマクロ名を、書いてもOKなんです。
では、Visual Basic Editorを終了して、マクロの実行ボタンを クリックしてみましょう。
どうですか、マクロが実行されますね。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

マクロのリメイク

上記のマクロボタンと同様にコマンドボタンを作成して、新たなマクロボタンを設定します。そしてコードの表示から VBEの コードを表示させます。
最初のコマンドボタンのコードは、 フォントを設定するだけでしたが、 背景色の設定を追加します。
Private Sub CommandButton1_Click()
    With Selection.Font
        .Name = "メイリオ"
        .Size = 16
    End With
    With Selection.Interior
        .ThemeColor = xlThemeColorAccent4
        .TintAndShade = 0.799981688894314
     End With
End Sub

それから、追加したCommandButton2には、同じコードをコピーペーストして、フォントの種類と背景色を変更します。
フォントは、メイリオから游ゴチックに変更し、xlThemeColorAccent4から、xlThemeColorAccent5に変更。TintAndShade = 0.6としました。
Private Sub CommandButton2_Click()
    With Selection.Font
        .Name = "游ゴチック"
        .Size = 16
    End With
    With Selection.Interior
        .ThemeColor = xlThemeColorAccent5
        .TintAndShade = 0.6
     End With
End Sub
実行すると セルのフォントが游ゴチックになり、背景色も変わります。
お疲れ様でした。今回はこれまで、That's it.