Power Queryで表引きVLOOKUP、Power Queryで時短、怖くないパワークエリ動画解説 Excel

Power Queryで表引き、リレーションシップ、VLOOKUP

Power Queryで時短、怖くないパワークエリ動画解説
 

動画解説

Power Queryで表引きとテーブルでVLOOKUP、どちらを使う?

動画版「Excelスキルアップ仕事術」です。
Power query で取得したテーブルには、前回のように ID だけで商品名や価格などが入っていませんでした。
そういう時に Excel では VLOOKUP 関数を使いますが、 Power query で VLOOKUP 関数が使えるのか、あるいは使えなければどうするのか気になりますよね。
今回は、Power QueryでIDやコードをほかの表と関連づけて表引きする方法を紹介します。

これはリレーションシップとよばれる機能です。 わかりにくいのが、クエリのマージ。 表を結合させるときの種類です。

結合の種類は全部で 6 種類あります。
左外部(最初の行のすべて、および2番目の行のうち一致するもの)
右外部(2番目の行すべて、および最初の行のうち一致するもの)
完全外部(両方の行すべて)
内部(一致する行のみ)
左反(最初の行のみ)
右反(2番目の行のみ)

Power Queryで表引きVLOOKUP、Power Queryで時短、怖くないパワークエリ

テーブルでは構造化参照 Power query ではリレーションシップ

通常の Excelのテーブルで VLOOKUP を使う方法と Power query でリレーションシップを使うバイト2通りご紹介します。

  1. NAMAE1
  2. NAMAE2
  3. NAMAE3
  4. NAMAE4
  5. NAMAE5

見出し3

  1. NAMAE6
  2. NAMAE7
  3. NAMAE8
  4. NAMAE9
  5. NAMAE10

見出し3

  1. NAMAE11
  2. NAMAE12
  3. NAMAE13
  4. NAMAE14
  5. NAMAE15
  6. NAMAE16
  7. NAMAE17
  8. NAMAE18
  9. NAMAE19
  10. NAMAE20