エクセルの画面には何がある EXCEL2019

エクセルの画面には何がある

リンクユニット


Excel2019 の表示画面を知る

Excel2019 の表示画面の解説

今日は、Excel2019に表示されている画面の説明をします。
Excelに不慣れな方や初心者の方は、画面に配置されているボタンやタブなどの意味が分かりにくいですね。
一通り、何がどんな役割を持つのかだけでも知っておくと、今後Excelを使う時に役立ちます。

クイックアクセスツールバー

Excelを起動します。
エクセルの画面には何がある1
空白のブックを開きます。 空白のブックをクリックします。
エクセルの画面には何がある2
新しいブックが表示されました。タイトルバーのところに ブック1と書いてあります。 また左上には クイックアクセスツールバーが表示されています。
エクセルの画面には何がある3
自動保存とあるのは1ドライブを使ってファイルをネットに保存した場合に、自動的に 表示されるようになっています。 使ったことがないユーザーには表示されていないはずです。
エクセルの画面には何がある4
クリックアクセスツールバーにはよく使うコマンドを ユーザーが登録できます。
エクセルの画面には何がある5
デフォルトで最初からあるのは保存と元に戻すとやり直しの3つです。
エクセルの画面には何がある6
エクセルにした操作を直前にもどす「戻す」ボタン
エクセルの画面には何がある7
隣には「やり直し」ボタンがあります。
エクセルの画面には何がある8

リボンの説明

今度はその下にあるリボンの部分の説明をします。 リボンは 操作する コマンドの関連する機能ごとに、タブに分類されています。

一番左端にあり、緑色のタブがファイルタブです。
エクセルの画面には何がある9
ファイルタブの隣には、ホームタブがあり、クリップボードやフォント配置などのグループに分かれています。
エクセルの画面には何がある10
なかにはグループの 右下にダイアログボックスを起動するダイアログボックス ス拡大ボタンがあるものもあります。
エクセルの画面には何がある11
グループに関連する ダイアログボックスを手早く開きたいときに利用すると便利です。
エクセルの画面には何がある12
例えば、フォントグループの ダイアログボックス拡大ボタンをクリックするとセルの書式設定が、 フォントタブを選択した状態で開きます。
エクセルの画面には何がある12
ホームタブの隣には挿入タブがあり、ここからはテーブルや 図、アドイングラフなどを挿入することができます。
エクセルの画面には何がある16
隣にはページレイアウトタブがあります。
そしてデータタブ、 校閲 タブ、表示タ部、ヘルプタブ などが並んでいますが、この順番はユーザーが使用頻度に応じて変更することができます。
これについては後ほど説明したいと思います。
エクセルでマクロを使いたい場合は、 開発タブを表示する必要があります。これも excel のオプションダイアログ ボックスで表示させることができます。

リボンの説明

リボンの下にあるのは数式バーと言います。ここにはアクティブセルの内容などの表示されます。
その下にあるのは abc ・・・と書いてありますけれども 列番号と言います。
そして、全セル選択ボタンがあり
その下は12345・・・というように数字が並んでいますけれども、これは行番号です。
列全体が選択できます。
全セル選択ボタンでシート全体のセルを選択することもできます。
さて数式バーなんですけれども、数式バーには 数式を入力したり、文字列を入力したり、いろんなことがここでできますが、数式バーを 展開することもできます 通常は1行だけしか表示されませんけれども、このように
拡大縮小ボタンを クリックすると拡大されて、 もっと拡大したいときは数式バーの下端をドロップしてやると グーンと拡大することができます。Excel のシートの画面を大きく表示したい時には、 このようにリボンを折りたたむこともできます。
リボンの右下にあるボタンをクリックすると、リボンが折りたたまれてしまいますし、再表示させたいときはタブをクリックすると 一時的に表示されます。
表示を固定したいときはもう一度 リボンの下のボタンをクリックしてピンを刺すような形になってますけど固定してやってください
今度はエクセルの画面の一番下を見てください。 ステータスバーといって 現在の状況などが表示されるようになっています。
一番右味はズームです 左端は、 見出しスクロールボタンで複数シートの移動を行います。 そして表示選択ショートカットは標準モードを切り替えるボタンです。 以上で excel 2019の画面についての説明がほぼ完了しました。 どうもおつかれさまでした。

こちらもおすすめ