エクセルの基本技39

毎日使う定番ファイルを自動で開く

日常業務では、毎日使うファイルが決まっている場合が多いですね。
エクセル起動時に自動的にそのファイルを開くことができれば、一手間省けます。

毎日使う定番ファイルを自動で開く

開きたいファイルが保存されているフォルダを指定する設定方法です。
あらかじめ、開きたいファイルを一つのフォルダに集めておきます。
(1)たとえばマイドキュメントにフォルダを作り保存しているとします。Windows7だと、「C:\Users\ユーザー名\Documents\エクセル」、XPでは、「C:\Documents and Settings\ユーザー名\My Documents\エクセル」に以下のファイルを保存していて毎日仕事の時にファイルを開いているとします。
(2)エクセルを起動して、メニューの「ツール」→「オプション」を選択します。
(3)「オプション」画面が表示されますので、「全般」タブをクリックして、
「起動時にすべてのファイルを開くフォルダ名(XLSTART代替フォルダ名)」に(1)のフォルダ名を入力。
「OK」ボタンをクリックします。
「C:\Documents and Settings\ユーザー名\My Documents\エクセル」と入力しました。
(4)エクセル起動時に、(3)で指定したフォルダに保存されているファイルがいっきに開くようになります。xpは入力が大変ですが、一度指定してしまえば、後が楽ですから、頑張って入力してください。

「×」ボタンをクリックしてエクセルを終了し、エクセルを再起動します。

「C:\・・・\My Documents\エクセル」に保存されている「請求書.xls」「現金
出納帳.xls」がエクセル起動時に、自動的にいっきに開くようになります。
スポンサーリンク
スポンサーリンク