エクセルのセル結合

2つのセルのデータを統合

郵便番号や住所など、複数のセルにわけてデータを入力する場合があります。 あとでエクセルのセルのデータを結合して表示したいというときの操作を紹介します。
Excel で、2つのセルに入力されている文字列を結合するには、文字列演算子「&(アンバサンド)」や文字列操作関数「CONCATENATE(コンカティネイト)」を使う方法があります。

&で2つのセルの結合 データをくっつける

(1)E列に県名が、F例に市からの住所が記載されているデータを1つの列にまとめて表示します。
エクセルのセル結合
結合したデータを入れる列を挿入します。
エクセルのセル結合2
データを入れるために挿入したG列の「G2」セルをクリックし、 =E2&F2と計算式を入力します。「OK」ボタンをクリックします。
は、セル同士を結合させるための演算子です。 エクセルのセル結合3
入力した式をオートフィルでコピーして2つのせるの結合は完成です。
エクセルのセル結合4

2つに分かれた郵便番号を結合する

今度は郵便番号の前3桁と後ろ4桁を、間に「-」を入れて結合しましょう。
エクセルのセル結合5
=C2&"-"&D2と入力します。
は、セル同士を結合させるための演算子を使います。
エクセルのセル結合6
"-"… 郵便番号の上位と下位の間に区切り文字の「-」を入れます。
間に入れたい文字は、
『" "』の間に記載します。
オートフィルで「E3」セル以降、計算式をコピーします。
エクセルのセル結合7
エクセルでセルを結合して表示するには、文字列演算子「&(アンバサンド)」を使うことができます。 エクセルのセル結合8
スポンサーリンク
スポンサーリンク