SWITCH(スイッチ)関数

Excel2016で追加された便利な関数SWITCH(スイッチ)関数の使い方を紹介します。
SWITCH(スイッチ)関数


リンクユニット


2016EXCEL関数 02回

SWITCH関数とは

SWITCH関数は、交換したい値に対して値の一覧を検索し、最初に一致する値に対応する結果を返します。

(サンプルファイルは、こちらから Excel(エクセル)2016 02回サンプルデータ

SWITCH(スイッチ)関数の書式

交換する値が、一致する値1ならば、一致する値に返す値1というように、順番に検索して結果を返します。
SWITCH関数の使い方1
すべての条件を満たさないときは既定値を表示します。既定値として何も表示しないときは、一致する値がない場合に返す値に "" とだけ入力すれば非表示になります。
SWITCH関数の使い方2

SWITCH(スイッチ)関数の入力

SWITCH関数を論理関数から選択します。
SWITCH関数の使い方3
関数の引数ダイアログボックスの式に検索値とする数式(または文字列)を入力し、最初の値1、次に対応する結果1、というように入力していきます。
SWITCH関数の使い方4
検索する値は、1か7でそれ以外は、規定として平日と入力しました。
SWITCH関数の使い方5
日付に応じて、土曜か日曜を表示し、それ以外は平日とする表ができました。
SWITCH関数の使い方6
SWITCH関数もIFS関数と同様に検索値を複数入力する必要が無いので楽です。
だたし残念なことにSWITCH関数を含む6つの新関数はExcel2016の中のOffice365限定となっています。
これらの関数は自分だけで使う場合や、Office365を使うユーザー間で使うということに限定して使うようになります。
おすすめコンテンツ