MAXIFS 関数 複数条件で範囲内の最大値

MAXIFS 関数
MAXIFS 関数

リンクユニット


2016EXCEL関数 05回

条件を指定して最大値を求めるMAXIFS 関数

MAXIFS関数は、最大値を計算する前に1つ以上の条件を指定して、データを絞り込み、その範囲で最大値を返す関数です。
従来の MAX関数では、特定の範囲内の最大値を返しますが、そのための条件を適用してデータを絞り込むことはできず、 IF関数と組み合わせた複雑な式にしなければなりませんでした。
他にもIFSがつく関数がありますが、Excel2007で追加されたSUMIFS関数やAVERAGEIFS関数ですが、MAXIFS関数も使い方が似ています。


MAXIFS関数の書式と使い方

MAXIFS関数は、引数として、最大範囲(最大対象範囲)に最大値を求めるデータ範囲を指定し、条件範囲1には条件を探す範囲を指定、条件1にはその条件を指定します。条件は126個まで指定可能です。
MAXIFS関数の使い方1
MAXIFS関数を関数ライブラリの統計関数から探します。
MAXIFS関数の使い方2
関数の引数ダイアログボックスが表示されます。
MAXIFS関数の使い方3
最大値には、最大値を求めるデータ範囲E3:E17を指定し、条件範囲1には条件を探す範囲B3:B17を指定、条件1には、条件の商品名を入力しました。条件は126個まで指定可能ですが、この例では1つです。
MAXIFS関数の使い方4
種類別で指定した条件で、最大の売上額を表示することができました。
MAXIFS関数の使い方5
おすすめコンテンツ