MINIFS関数で条件を指定して最小値

MINIFS関数
MINIFS関数

リンクユニット


2016EXCEL関数 06回

条件を指定して最小値を絞り込むMINIFS 関数

MINIFS関数は、最小値を計算する前に1つ以上の条件を指定して、データを絞り込み、その範囲で最小値を返す関数です。
使い方はMASIFS関数と同様です。


MINIFS関数の書式と使い方

MINIFS関数は、引数として、最小範囲(最小対象範囲)に最小値を求めるデータ範囲を指定し、条件範囲1には条件を探す範囲を指定、条件1にはその条件を指定します。条件は126個まで指定可能です。
MINIFS関数の使い方1
MINIFS関数を関数ライブラリの統計関数から探します。
MINIFS関数の使い方2
関数の引数ダイアログボックスが表示されます。
引数に最大値と表示されていますが、これは単純なミスです。最小値を探す範囲を指定します。
MINIFS関数の使い方3
(関数の引数ダイアログには最大値と書いてあるが)最小値には、最小値を求めるデータ範囲D3:D26を指定し、条件範囲1には条件を探す範囲A3:A26を指定、条件1には、条件とする支社名を入力しました。
2つ目の条件として条件は性別で男性を指定しました。引数は、最大で126個まで指定可能ですが、この例では2つです。
MINIFS関数の使い方4
上記のサンプルでは、条件を2つ指定して本社の男性の最低スコアを求めました。
条件の設定がかんたんでとても使いやすい関数です。
おすすめコンテンツ