エクセルのプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)の作り方

プルダウンリストの作り方

基本操作 プルダウンリスト Excel2016
ドロップダウンリスト・プルダウンリスト

リンクユニット


プルダウンリストを作成してデータ入力を効率化

Excelのプルダウンリストの作り方

プルダウンリストは、クリックするとリストが現れ、選択することで入力できる仕組みです。 毎月、毎週、あるいは毎日の定形の入力作業や繰り返しの入力作業をミスなく、効率アップするには、 プルダウンリストによる入力が最適です。
データ入力を簡単にしたり、入力する値を制限したりできる、プルダウンリストを作成して仕事の効率をあげましょう。
今回は、社員食堂の毎週のメニューを決められたメニュー一覧からいちいちコピーするのではなく、 プルダウンリストを利用して選択するだけにするという例で解説します。
また応用として、プルダウンリストに追加する項目が増えたときに、 手作業で追加するのではなく自動的にリストの範囲を調整できるようにすることで手間とミスを防ぎましょう。
Excelバージョン:ALL20192016201320102007

プルダウンリストを設定するセルを選択

プルダウンリストを使いたいファイルを開き、 プルダウンリストで使用するセルをドラッグして選択します。
プルダウンリストを使いたいファイルを開く
データの入力規則をクリックすると、 データの入力規則ダイアログが表示されるので、入力値の種類でリストを選択します。
プルダウンリストを使いたいファイルを開く

Excel 2003の場合

Excel 2003ではセルが選択された状態で、メニューの「データ」をクリックして、 入力規制をクリックします。
入力規制をクリック

リストにしたい範囲を入力

入力値の種類でリストを選択したら、元の値(プルダウンリストになるデータ)を選択します。ダイアログ縮小ボタンをクリックして、直接シートのリストになる範囲を選択します。 。
入力値の種類でリストを選択
リストにしたい範囲を選択したら、ダイアログ拡大ボタンをクリックしてデータの入力規則ダイアログに戻ります。
リストに入れる元の値入力欄
OKをクリックして、データの入力規則ダイアログを閉じます。
リストに使用する項目をドラッグ
プルダウンリストが出来上がっているので、あとはデータを入力するだけです。
リストの元の値を入力後OK
もっと知りたいプルダウンリストの使い方