エクセルの基本技 32回 特定のセルだけ入力できるように制限する

 

シート保護でデータを入力する範囲を限定するには

シートが書き換えられないように、 入力できるセルの範囲を制限する方法を解説しています。
ファイルを書き換えられたりしないようにするには、 シートを保護しつつ、入力できるセルを限定する必要があります。手順は、
1.入力可能にするセルのロックをはずす
2.シートを保護する という流れになります。 このページは手順2のシートを保護すると保護を解除する説明です。

手順2.シートの保護

(4)保護したいシートタブを右クリックして、メニューからシートの保護を選択。 あるいはリボンの書式ボタンから「シートの保護」を選択。
(5)「シートの保護」画面でパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。
デフォルトでは、ロックされたセル範囲の選択にチェックが入っています。このチェックが入っている場合は、ロックされて入力できないセルでも選択ができるということです。
このパスワードはシートの保護状態を解除するときに必要ですので、忘れないようにメモしておきましょう。
また、パスワードは省略することもできます。
その場合、解除するときにはパスワードの入力は必要ありません。
設定したセル以外には、データを入力できないようになります。

シートの保護解除

入力を禁止したセルのデータを書きかえたいときには、リボンの書式ボタンから 「シート保護の解除」を選択すればOKです。
パスワードが設定してある時は、シート保護の解除に パスワードを入力する必要があります。

今日の講義は以上です。お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク