マクロをクイックアクセスツールバー(QAT)に登録

マクロをクイックアクセスツールバーに登録する

今回は、普段良く使うマクロをクイックアクセスツールバーに登録する方法を紹介します。その際、表示するマクロアイコンをわかりやすいアイコンに変更し、マクロの名前も簡潔な名前に変更しましょう。
(サンプルファイルは、こちらから マクロ56回サンプルデータ

フォントをメイリオ12など好きなフォントに変更

サンプルとしてクイックアクセスツールバーに登録するマクロは、選択範囲のフォントをメイリオ12に変更するマクロです。
クイックアクセスツールバーにマクロを登録1
新規ファイルを開き、VBEを起動して、標準モジュールを追加して、次のコードを入力します。 すでに登録したいマクロがある場合は、それを利用してください。
Sub フォント変更メイリオ()
' フォントを変更メイリオ12 に変更するMacro
    With Selection.Font
        .Name = "メイリオ"
        .Size = 12
    End With
End Sub
    
マクロを入力したらファイルをマクロ有効ブック(xlsm)で保存します。
クイックアクセスツールバーにマクロを登録2

クイックアクセスツールバーのユーザー設定からマクロを追加

クイックアクセスツールバーのユーザー設定ボタンをクリックして、 その他のコマンドをクリックします。
クイックアクセスツールバーにマクロを登録3
エクセルのオプションダイアログのクイックアクセスツールバーが表示されます。コマンドの選択でマクロを選択し、表示されるマクロの中から登録したいマクロを選択し、追加をクリックします。
クイックアクセスツールバーにマクロを登録4
右側のウィンドウにマクロが追加されました。今度はボタンを変更しましょう。変更ボタンをクリックします。
クイックアクセスツールバーにマクロを登録5

登録するボタンを変更する

変更ボタン(M)をクリックするとボタンの変更ダイアログが現れます。この中に表示されているアイコンからイメージに近いものを選びます。
さらに表示名も短く変更しました。
クイックアクセスツールバーにマクロを登録6
クイックアクセスツールバーに追加したマクロメイリオ12が表示されています。

クイックアクセスツールバーにマクロを登録7
マクロを使う時は、ボタンをクリックするだけです。

クイックアクセスツールバーにマクロを登録8
隣には、取り消し線を引くマクロを登録しています。

クイックアクセスツールバーにマクロを登録9
もっと知りたいマクロボタン
スポンサーリンク
スポンサーリンク