15分単位で入力するように制限する 2013技BEST 技68回

15分単位の時刻だけを入力できるようにしたい

各自で、勤務時間の管理をしてもらうために、出勤簿を作成しました。
出勤時間と退社時間を入力すれば、勤務時間が算出されますが、15分単位の入力しかできないようにしたいのです。
そこで、入力規則の「ユーザー設定」を使って数式で、15分単位の時間だけが入力できるように入力の制限をしたいと思います。

(サンプルファイルは、こちらから 2013基本技68回サンプルデータ

入力規則の「ユーザー設定」で入力の制限を

出勤時刻と退社時刻の入力に制限がないので、勤務時間に端数が出てしまっています。
これを、入力の際に、各自が15分単位で入力するように、入力規制で設定しましょう。 入力規制を設定するセルD4を選択して、データタブのデータの入力規則をクリックします。
データの入力規則ダイアログが現れたら、設定タグの入力値の種類で、 ユーザー設定を選択し、数式の欄に式を入力します。
数式は、D5セルの分を15で割って、あまりがでなければOKという意味で
=MOD(MINUTE(D4),15)=0
これで、余りが0でなければ入力できなくなります。つまり、15の倍数しか入力できません。D5セルを出勤と退社時刻の欄にコピーします。
これで、15分単位で入力するように制限することができました。
スポンサーリンク
スポンサーリンク