連番に枝番号をつけるには 2013技BEST

連番に枝番をつけたい、INT関数,ROW関数,COUNTIF関数

会社ごとに伝票番号を分けたいときなどは、連番に枝番をつけて区別したりします。
今回は、エクセルで100-1、100-2、200-1、200-2などのように連番をつける方法を紹介します。この方法で、会社名の後ろに連番をつけたり、項目ごとの連番をふることができます。

連番に枝番をつけるには

会社ごとに伝票番号を区別したいので、㈱ここだねは、100-1,100-2というようにし、㈱エクセルは200-1、200-2などのようにしたいと思っています。
連番に枝番号をつける
100,100,200,200というような、一定間隔の連続番号は、60回オートフィルではできない数行ずつの連番技で紹介したように、作業用に別の列を用意して作成しておきます。
=INT(ROW(C2)/2)*100
間に入るハイフンは、"-" です。
枝番の考え方は、親の連番が何個あるかを、COUNTIF関数で数えるということです。A6セルに式を入力する場合、
COUNTIF($C$3:C6,C6)
C6セルの値と"-"をつなぎ、さらに上の式を&でつなぎます。
=C6&"-"&COUNTIF($C$3:C6,C6)
連番に枝番号をつける2
このように、親番号に-でつなげて枝番号をフルことが出来ました。
連番に枝番号をつける3

会社名ごとに後ろに連番

会社名の後ろに-をつけて連番を付ける場合も、同じようにCOUNTIF関数でできます。
A4セルに式を入力する場合は、会社名セルの値と"-"をつなぎ、さらにCOUNTIF関数の式を&でつなぎます。
=B4&"-"&COUNTIF($B$3:B4,B4)
連番に枝番号をつける4

項目ごとに連番

項目ごとに連番を振りたい場合にもCOUNTIF関数を使うことができますよ。
下の表は、CDのリストで、ジャンルごとに連番を振っています。
連番に枝番号をつける5
B列に連番が入っていますが、それは、A列のジャンル名のRockならRockと入力されたセルの個数を数えているのです。
連番に枝番号をつける6
=COUNTIF($A$3:A4,A4)
スポンサーリンク
スポンサーリンク