Excel 2013 基本技 48回 

データを1行おきに参照する

2店舗の売上を比較した表があります。最初はこれでよかったのですが、となりにそれぞれの店舗だけの売上を記載することになりました。
1行おきだと、オートフィルが効きません。
しかし手入力では大変です。こんな時に役立つ技、素早く1行おきに参照する方法をご紹介しましょう。

1行おきに参照する技

大宮店、浦和店と1行毎に店舗を変えて入力している表から、大宮店だけ、浦和店だけの売上を転記したいわけです。
1行おきに参照する技1
該当セルに'=C3というように、頭にシングルクォーテーションをつけて入力します。
1行おきに参照する技2
次は、1行おきのセル'=C5とこれも頭にシングルクォーテーションをつけて入力します。
1行おきに参照する技3
これでは文字列ではと心配するかもしれませんが、大丈夫。F3:F4をセtん宅して、フィルハンドルを下までドラッグします。
1行おきに参照する技4
ここからが大事です。データタブのデータツールから、区切り位置をクリックします。すると区切り位置指定ウィザードが表示されますから、カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータのチェックを確認して、完了をクリックします。
(Excel2003では、メニューからデータ、区切り位置と選択してください。)
1行おきに参照する技5
スポンサーリンク
スポンサーリンク
1行おきのセル参照が入力されました。
1行おきに参照する技6
浦和店も同様に、入力してください。
数式の表示をクリックすると、ちゃんと一行おきに数式が入力されているのがわかります。 1行おきに参照する技7

今日のカンタン!Excel塾の講義は以上です。お疲れ様でした。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おすすめコンテンツ